お問い合わせ 03-5322-6518
受付時間 10:30〜19:00 (水曜日休館)

OZONE家design登録建築家のご紹介

信頼できる
家づくりの依頼先を
ご紹介します

まずは
無料相談

中村 晃
なかむら あきら

東京都知事登録第53754号 所 属株式会社 アーキプラス一級建築士事務所

家づくりとは建築主と建築家が意見交換をしながら、ひとつの方向を定め共通認識のもと造り上げていくもの、いわば協働作業である、と考えています。ハウスメーカ-で建てることとは大きく異なりすべて一品生産となり、多くの労力が必要となります。そんな苦労と思い入れがあるからこそ、愛着を感じられる世界にただ一つしかない逸品のすまいが出来るのだと思っています。

この建築家のWebサイトへ

実績紹介

  • 新築・建て替え

    自然光があふれ、プライバシーが確保できる家。相反する要求のなか周囲からの視線を遮り日中一番太陽光が当たるプランを模索。道路側からの窓がなくても光あふれる住環境を演出している。

  • 新築・建て替え

    プライバシーを保ちながら開放的で明るい住環境を演出するため家の中心に中庭を設け、光と風が通り抜けるような設えとし内と外の空間が一体的につながり拡がり感のある空間を目指した住宅。

  • 新築・建て替え

    高台に位置する敷地のメリットを最大限生かし擁壁の上にそのままガラスの箱の住居空間を乗せるような設えとし、擁壁も建物の一部とし取り込むことで一体感ある景観を演出した住宅。

  • 新築・建て替え

    主要構造を担う”RCのコアウォール”を内部に設けることで、外部は体力壁を必要としない構造とし全面ガラス張りとしている。シースルーの外壁は周囲の自然の景色を室内に採り入れ、季節の移ろいを五感で感じられ住環境を実現した。

  • 新築・建て替え

    「くの字型」のフォルムとすることでより大きなボリュームを確保するとともに傾斜した壁が内部空間に変化をもたらし、3層でありながらひとつの連続した空間として意識することが出来る空間を演出した都市型住宅。

  • 新築・建て替え

    傾斜地に建つ住宅。敷地の高低差に合わせ床レベルを変化させ、間仕切りを設けず心地よい居場所を感じる住空間の創出を試みた。屋根の隙間から降り注ぐ自然光がゆるやかな開放感へと導いている。

経歴・受賞歴

経歴
1957年 11月 東京練馬に生まれる
1981年 3月  早稲田大学理工学部建築学科卒業
1981年 4月 
   ~2007年 戸田建設株式会社設計統轄部計画設計部 
        主にホテル、美術館、教育施設、、オフィスビルなど様々なジャンルの設を担当。
        主な作品京1991年東京国際展示場(東京ビックサイト)1993年伊豆クレストンホテル大仙家、1997年
        ウッドワン美術館、2001年玉田学園総合、2005年桜が丘アリーナなど。設計コンペにも応募、設計の           可能性を追求。
2007年 7月  アーキプラス一級建築士事務所設立、現在に至る。

受賞歴   
2016年 2016年度グッドデザイン賞受賞 − 新舞子海岸の家
2013年 2013年度日本建築家協会優秀建築選入選 − グラスハウス#2 / 愛宕山の家
2012年 2012年度グッドデザイン賞受賞 − グラスハウス#2 / 愛宕山の家
2009年 2009年度グッドデザイン賞受賞 − 段床の家
2002年 *東京建築士会創立50周年記念事業最優秀賞受賞 
     (江古田の都市型集合住宅設計競技)
2000年 *青森県立美術館設計競技佳作入選 
1990年 *東京国際フォーラム国際公開コンペ 佳作入選
     *は戸田建設在職時の個人参加による受賞です。