お問い合わせ 03-5322-6518
受付時間 10:30〜19:00 (水曜日休館)

OZONEがお手伝いした
住まいの事例

一覧へ戻る

家づくり
相談
[無料]

両親が住み続けた住まいを、建て替えによって完全分離型の二世帯住宅にしました。既存の南庭は活かしながら、双子のような家の一方に親世帯が、もう一方には子世帯が住んでいます。

担当したOZONE住まいづくりコンサルタントが、家づくりの過程をご紹介します。


Q「実家を建て替えて、二世帯住宅を建てる」きっかけは何だったのでしょうか?
子世帯では次女が生まれて現在の賃貸では手狭と感じていたこと、また将来的には地に足のついた戸建に住みたいという希望がありました。また、親世帯も現在の家は夫婦2人にはあまりにも広く、掃除もままならない状況なのでコンパクトな家にしたいと思っておりました。
それならば、「親世帯が元気なうちに二世帯住宅を建てよう!」ということになりました。


Qお客様は、家づくりに対してどのような要望をお持ちでしたか?
両世帯共通のご要望は「居心地の良い家」でした。そもそもご実家は広い敷地にゆったりとした住まい、緑多いお庭とご満足のいく環境にありました。
さらに親世帯のご要望は「終の住処となり、コンパクトでバリアフリー」、子世帯のご要望は「子供の成長に合わせて変化出来る家」を挙げていらっしゃいました。


Q「建築家」との二世帯住宅づくりを希望されたのはなぜですか?
専門家ならではの発想と、二世帯住宅全体の統一感を期待しておりました。将来的には親世帯部分を賃貸として使い続けて欲しいため、完全分離型の二世帯住宅をご希望で、実際その通りになったのですが、そこに至るまでは「外観は一軒で統一して、内部で区分する方式」なども悩んでいらっしゃいました。そこで、「住まいのプロである建築家ならではの見解も聞きながら検討したい」ということで、かなりオリジナルティーある家づくりでしたので、ハウスメーカーよりは建築家の方が向いていると思いました。


Q建築家3人による、二世帯住宅の間取り提案コンペはどんな様子でしたか?
とにかく規模が大きく二世帯のご要望も多いので、コンペの時間が足りなくなる予感がしました。
建築家の提案資料はコンペ後ご自宅に持ち帰り検討してもらうので、後から見ても解りやすいようまとめていただくよう、特にお願いしました。
コンペ自体は三者の建築家の熱い気持ちが前面に出ており、建て主も選定には大いに悩みました。建て主が「心を鬼にして決めなければならない」とおしゃっていたのが印象的です。
コンペ後、建築家決定に至るまで、建て主からいくつかの質問をさせていただきましたが、どの建築家も真摯にお答えいただきました。


Q実際に建ったお宅を訪問してどうでしたか? 
ご要望通りの住まいが出来、とてもご満足していらっしゃるご様子でした。完全分離の二世帯とはいえ、子世帯所有の1階の屋内物干し場を介して、お子様達は自由に両世帯を行き来しており、親世帯にとっては賑やかな終の住処となりました。なにより、ご計画前に体調をくずされていた親世帯の奥様が元気になられたことを、本当に嬉しく思いました。


Q二世帯住宅のサポートも多いですね。二世帯住宅を上手に建てるポイントはありますか?
二世帯住宅を建てる時の建築家選定については、まず二世帯住宅の実績が多いのも重要ですが、そもそも二世帯住宅についての建築家の考え方に賛同できるか否かが大切です。二世帯ですから人も要望も二倍となるので、しっかりとした骨格をつくらなければ、複雑で曖昧な家になってしまうことでしょう。
設計にあっては小さな決定をひとつずつ積み上げていく必要があります。建て主の熱意を受け取り、達成感や満足感を得るには、相性の良い建築家をみつけることが大きなポイントとなると思います。

詳細情報

●所在地:東京都 ●家族構成:夫、妻、子二人、父、母 ●敷地面積:372.37㎡ ●延床面積:238.11㎡ ●構造:木造 ●竣工年月:2015年3月 ●設計:相川直子・佐藤勤(あいかわさとう建築設計事務所) ●施工:株式会社 匠陽 ●撮影:大槻夏路 

ご利用サービス 新築コンサルティング フルコース(建築家)

家づくりカレンダー

  1. 2013年8月
    OZONEに申込み

    まずは35人以上もの建築家候補から、両世帯のご要望に添った8人の建築家を選びました、そこから二世帯でお話合いを重ね3人に決定しました。

  2. 2013年11月
    3人の建築家の“プラン提案コンペ”

    建築家の相川・佐藤ペアの提案は、建て主自身が考えていた「完全分離の二世帯住宅」に一番近い案だったそうです。とはいえ、どのプランもそれぞれとてもよいころがあり、選定にとても迷われていました。どの建築家方にお願いしてもいい家ができる、とまで思ったそうです。「短期間でここまで作りこんでいただき、さすがプロだなと思いました」とおっしゃっていました。

  3. 2013年12月
    建築家と契約し、設計スタート

    建築家の話しやすそうな人柄から、潜在的ニーズを引き出してくれそうと期待を込めてスタート。基本設計、実施設計と各段階で建て主、建築家と打合せを行いました、建築家が丁寧に説明をしており、また建て主も設計段階を楽しんでおり、コミュニケーションの良さをうかがうことができました。

  4. 2014年8月
    工事開始

    3社から相見積もりをとって、工事会社を決定されました。500万円くらいの開きがありました。

  5. 2015年3月
    完成

    お申し込みから、1年7ヶ月で完成し、お嬢様の小学校入学に間に合いました。

  6. message
    家づくりを見守ったコンサルタントから

    奥様とそのご両親との二世帯住宅で、本当に仲のよいご家族です。
    親世帯のご夫婦もお互いをいたわりあい、その愛情が娘さんやお孫さんに伝わっていると感じました。
    親世帯の奥様は、体調を崩されていたのですが、新居が暖かく、居心地がよく、なによりも娘さん家族との交流で本当に元気になられたことが、この家づくりに携わって一番うれしいことでした。