お問い合わせ 03-5322-6518
受付時間 10:30〜19:00 (水曜日休館)

お客様インタビュー

家づくり
相談
[無料]

築20年のマンションリフォーム「自分らしくカスタマイズして寛ぎの住まいに」

東京都江戸川区・K様のお話
ご利用サービス
リフォームコンサルティング ハーフコース(建築家)

●竣工:2016年11月 ●建築家:町田桂吾さん ●撮影:川辺明伸  ●協力:オトナリノベーション(扶桑社)

マンションをリフォームしようと思われたきっかけは?
E_2_01.jpg寒さの改善や収納が足りていなかったこと、築20年なので壁紙なども剥がれてきていて、そこだけ直すくらいなら全面的にリフォームしようかなあと。同じマンションの人も部分的にリフォームしていますが、全面改装をしたのは自分の家が初めてでしたね。

最初から建築家に依頼しようとお考えでしたか?
マンションの場合、管理会社がリフォームをやっているので、そこにお願いする人が多いかもしれませんが、OZONEのセミナーに参加したり施工事例を見ていたので、建築家に頼んだ方がカスタマイズできて、自由度も高いというのを知っていたから、どうせやるなら建築家でのリフォームも面白そうだと思って。実際に家を建てた人を招いた座談会のようなものがあって、住まい手も喜んでいるし、建築家も住まい手のことを思って一生懸命つくっていて、そういう実例に触れて、住まいに対するこだわりが人生を豊かにするのを実感しました。「家を建ててから外出する回数が減りました」という人もいて、そっちの生活の方がよっぽど豊かだなあと。それからデザインですね。今までほとんど無頓着だったんですけど、でもやっぱり洗練された家具とか空間は見てるだけで何か自慢したくなるじゃないですか。そういうのってみんな持っているんだと感じて、建築家に対する考え方だけではなく、住まいに対する考え方が変わりましたね。

妻は最初、建築家でリフォームするのは想像できなくて不安だったようですが、セミナーに参加したり、OZONEのコンサルタントに相談しながらだんだん納得していったようです。あと建築家を使うと高くなるんじゃないかというイメージもありますよね。建築家の場合、設計費は別に掛かるけれど、リフォーム会社とか工務店に比べてものすごく高いかというと決してそんなことはないということも知りました。

OZONEのコンサルタントにはどんな希望を伝えられましたか?
E_2_02.jpg要望を整理する「ライフスタイルシート」は私が書きたいことを先に書いて、そのあと妻がさらに希望を追記したという感じで別に話し合いはしてないですね。収納については妻の希望が多かったです。収納場所があまりなくて整理整頓もしていなかったので、いらない物もたくさんあって、マンションにしては珍しくロフトもあったので、荷物を詰め込んでいましたから。リフォームをきっかけに洋服もがっさり捨てて荷物も半分くらいになりました。


E_2_03.jpg子ども達の注文は特になかったです。住まいに対するこだわりがなかったのだと思うけど、これは良くないですね。自分も以前は家に対するこだわりがあまりなくて、夜遅く帰って寝るまでの時間と朝起きて出掛けるまでの時間くらいで平日は家にいる時間もあまりなかったので。休日もゴルフに行ったりで、家はほとんど寝るだけって感じでしたね。だから住まいに対して何のこだわりもなかったんです。でも確かに寝るまでの時間でも、お風呂に入ったり何時間もある訳だし、そういう時間を本当に寛いで、居心地のいい空間で過ごすかどうか、やっぱりその人の人生が豊かになるか、ならないか大きく違うんだなあと感じたんです。家にいる時間て眠っている時間も含めれば相当長いわけだし、その間に本当にリラックスできて、別に外に遊びに行かなくても家でも充分寛げるし、リフレッシュできる空間であったら、それに越したことはないですよね。建築家の自邸で、自分の居心地のいい場所をどれだけ多く作れるかということをテーマに「ここが私のお気に入りの場所」が何カ所もある事例を見た時、とても共感しました。なので寛げる場所を作りたいというのも伝えました。ロフトをログハウス風にして書斎にしたのは私のこだわりです。


建築家3名からの間取りの提案(コンペ)を受けて1人に絞り込みました。建築家を決めたポイントは?
E_2_04.jpgコンペの時のプランが一番斬新だった建築家の町田さんに決めました。妻は他の建築家も気になっていたようですが、プランがとてもオーソドックスであまり以前の家と変わらない感じがしたんです。町田さんのプランは全然違って、寝室が小上がりでベランダ側にくるのが斬新でしたね。妻はどちらかというと広くてオープンな空間が好きなので、引戸や格子だけで仕切れるこのプランがよかったんじゃないかな。最初のプラン提案のままであまり変更もしていません。内装のイメージもロフトはログハウス風で、他は妻の好みのモダンでシンプルな感じを町田さんが提案してくれて文句なかったです。

実際に暮らしてみていかがでしょうか?
E_2_05.jpg私が一番気に入ったのは、小上がりの掘りごたつになっている場所ですね。妻が一番満足しているのは、全部収納できることじゃないかな。昔は飲料とか箱単位で買った物がかさばって、玄関先に積み上げていたんですけど、ちゃんと箱ごと収納できるようにしてもらったのは良かったですね。玄関が狭くて靴の収納も足りないのがマンションのみんなも困っている所なので、土間続きの収納は好評ですね。他に評判がいいのはダイニングのテーブルです。いろいろ組み合わせるバリエーションがあって、遊びに来た方は感心されます。

収納は妻のこだわりだったので壁面を全部収納にして、私のこだわりはロフトだったのでそれは実現できましたし、人によって違うじゃないですか、どこにこだわるかって。まったく同じ性格の人から見たら「これはいいなあ」と思うんでしょうけど、みんながみんな共感する訳じゃないですしね。犬がいるのでエアコンは付けっぱなしにしていますが、断熱が効いているせいか、電気代が半分くらいになりました。冬は浴室のミスティも快適ですね。
ちょっと失敗したのは、あまりにも音が伝わることです。特に子ども達は親に聞かれたくない電話があると外に行っちゃいます(笑)。子ども部屋が狭くなって窓もないので、必然的にリビングに出てくるのはいいことかもしれませんね。あとロフトの机なんかはこれから少しずつ改善していきたいところです。

リフォームでOZONE家designのサポートを利用されて良かったことは?
E_2_06.jpg全面リフォームするというのは経験したことがないので、どこから手をつけていいのかさっぱりわからなかったですが、OZONEのニーズを聞きながら少しづつ具体的な形を決めていって、趣味趣向に合うような建築家を紹介してもらえるというのは大きいですね。建築家を選ぶ時に、選択を狭めてくれるのもとても助かりました。もしたくさんの建築家から自分だけで選ばなくてはいけないなら、それだけで嫌になっていたと思います。事例もさることながら、相性、話し易さなども大事だと思います。お互いの気持ちが通じないといいものはできないと思いますのでマッチングは結構重要で、そういった面でもコンサルタントはポイントですね。他にもコンサルタントが入る事で家族の間の考え方などを整理してくれたのも良かったです。


リフォームを考えている方にアドバイスをお願いします。
E_2_07.jpgカスタマイズの自由度は絶対建築家の方があると思います。既製品を組み合わせてもなかなかそういった空間はできないので。暮らしてみるとカスタマイズされた空間は、自分の暮らしに合っていて、居心地がいいなと感じますね。
住まいに対するこだわりを持つようになって、やっぱり自分がいて心地のいい空間は、住まいの中に何カ所か欲しいですよね。1カ所だけでなく、できれば2カ所、2カ所じゃなくて3カ所、4カ所・・・あればあるほど多分良くて、そういうこだわりのある住まいをつくって、そこで暮らすっていうのは、その人の人生が豊かになると思うんです。暮らしの積み重ねが人生だと思いますから。

家にいる時間が本当に快適でリラックスして、心地よければ、とても素晴らしいことですよね。そう考えると、人それぞれ感じ方とか、こだわりとかみんな違うので、そういう思いの話をちゃんとして、自分の好みに合った形にカスタマイズした暮らしの空間をつくるというのは、たぶんすごく素晴らしいことだと思いますし、そういうのに気がついていない人がいるんだとしたら、是非気がついた方がいいと思います。自分も暮らしてみて実感しました。こだわりのある人も増えていると思いますし、そういう人達には、本当に寛げる、自分が思うような空間がつくれるんだということを伝えたいですね。

●このお宅の詳細はこちら >>住まいの事例「お子様の独立後まで考えたマンションリフォーム」