お問い合わせ 03-5322-6518
受付時間 10:30〜18:30 (水曜日休館)
家づくり相談[無料]

スタッフコラム

一覧へ戻る

家づくり
相談
[無料]

50代からのインテリア 一緒に暮らしたいのは「本物」

自分を大切にして、豊かに年齢を重ねてゆきたい

W200flower.jpg

「いままでずっと駆け足で生きてきて、50代になって、少し周りを見渡せるようになってきた気がします。

その時々で自分が欲するものを手に入れてきたはずなのに、改めて住まいを見渡してみたら、まとまりがなくて。気持ちよく快適に暮らせるお部屋にしたいのだけど...」

とある女性のお悩みを伺いました。

年齢を重ねて好みが変わっていくこともありますし、自分に必要なもの、必要ないものが見えてくるタイミングでもあります。

私自身も50代になって、これから先のことも考えるようになりましたし、もう少し自分を大切にして、豊かに年齢を重ねてゆきたいと思っていたところでしたので、そのお気持ちにとても共感いたしました。

曲木の椅子の写真がヒントに

W250thonet-moto.jpg

その女性は「いまの自分に合う部屋のイメージがまとまらなくて」と言いながら、インスタグラムなどから集めたインテリア画像を見せてくれました。自分好みのとのことでしたが、エレガントで上品なスタイルから、モダンでシンプルなものまで幅広く、一貫性がありません。

インテリアのご相談では、お客様とデザイナーのイメージ共有がファーストステップになります。さて、どこから整理しましょうかと思っていたところ、見覚えのある曲木の椅子が何枚かの画像に写っていました。曲木とは一本の木に熱を加えて曲げる製法です。強度を保ちつつ、美しい木目を見せることができます。

「曲木の椅子がお好きですか?」とお尋ねすると、実は1脚だけ捨てられない椅子があり、同じ椅子が写っていたので気になってピックアップしたとのこと。

リビングダイニングのインテリアを模様替えする計画ですが、大切にされている家具があったのですね。
亡くなったお母様が愛用されていたというヴィンテージのトーネットNo.214(ドイツ)。沢山の思い出が詰まっているそうです。(写真提供yamagiwa)

本物を長く大切に引き継ぐ

W350944214-SM-TP24-img08_LL.jpg

160年前に設計されたモダンチェアの始祖と言われるものですが、優美で軽やかでおしゃれ感があり、私も大好きな椅子です。似たようなデザインのものもありますが、何よりも本物の存在感は違います。

大人のインテリアには、大切にして長く一緒に暮らせる「本物」をお勧めしたいと考えています。「本物」とは、優れたデザインと機能性を兼ね備え、高度な職人技術でつくられた上質な家具を指しています。安価で、短いサイクルで使い捨てるものとは対極にあるものとも言えます。自分のこだわりを満たす上質な家具を配置することで、全体の雰囲気も相応しいものになり、愛着も沸きます。思い出が詰まった家具なら尚更です。(写真提供yamagiwa)

インテリアは暮らしや人生に影響するもの

W350_D3X0700.jpg

丁寧にヒアリングしていくうちに、何となくプランの方向性も見えてきました。最初は「この椅子を別の部屋に移動しても構わない」とおっしゃっていましたが、この方ご自身がこの椅子をお好きだったのと、優美な曲線を取り入れつつモダンな格好良さも欲しい内容でしたので、トーネットNo.214はご要望にうまく合致すると思いました。この椅子を起点にイメージを膨らませて、全体のインテリアプランをつくる方向で進めることになりました。

「自分一人ではイメージがまとまらず、モヤモヤしていたものがスッキリして期待感が湧いてきた」とのことで、女性の笑顔も晴れやかになりました。

インテリアは、暮らしや人生観に影響する面もありますので、大切に考えていただけて嬉しく思います。言葉にならないイメージを、具体的なプランにまとめていく作業をご一緒に始めましょう。


(インテリアデザイナー川端 幸枝/2021.9.9記。最初と最後の写真はイメージ。)

住まいづくりの
セミナー・イベント
近日開催分

リビングデザインセンターOZONEで開催予定のすべてのイベント・セミナー情報

関連記事

OZONEメールマガジンのご案内
これから家づくりを始める方、家づくりを進めている方に役立つメールマガジンを発行しています。この機会に、ぜひご購読ください。

購読お申込み