お問い合わせ 03-5322-6518
受付時間 10:30〜18:30 (水曜日休館)
家づくり相談[無料]

スタッフコラム

一覧へ戻る

家づくり
相談
[無料]

ラストダイニングチェア PP68チェア

W350 nor_053_2.jpg
PP68チェアは、浅く腰掛けると肘をアームに乗せてリラックスでき、深く腰掛けると笠木がしっかりと腰にフィットして背筋がピンと伸びるという、とても座り心地の良い椅子です。

デザイナーは、デンマークのハンス J. ウェグナー(Hans J. Wegner)。Yチェアのデザイナーとして有名ですね。

このPP68チェアは1987年にデザインされたもの。
500種類以上の椅子をデザインしたウェグナーが、人生最後にデザインし、全ての経験が詰まった集大成ともいえる一脚です。そこから「ラストダイニングチェア」と呼ばれています。(ちなみにYチェアは1950年にデザインされました。)

W350 slide_58_68_.jpg


アームの高さは68cm。

低めながらしっかり肘を置くことが出来て、且つ、テーブルの奥まで入るのでコンパクトに仕舞えます。


W350 slide_58_wegner_ejnar_3.jpg
メーカーはPP Mobler(モブラー)。
デンマークの伝統ある工房で、高い技術を持つ職人が丁寧に製作しています。森を大切にし、木材を丁寧に扱い、自然との共生と永く使える家具を作ることをポリシーに運営されています。

W350 68_arm_proces.jpgYチェアのメーカーはカールハンセン&サン。同じデザイナーのものでも、違うメーカーで作られています。

ご興味ある方は、3階インテリアデザインスタジオへ。

木部がビーチでソープ仕上げの、程よく経年変化して味がでている一脚がご覧いただけます。

W350 58_85_niels710px.jpg 【ちょっと寄り道】 「PP モブラー」のPPは何のこと?
創業者のアイナー・ペターセン、兄弟のラース・ペターセン、二人でスタートさせたのでPP。ちなみにモブラーとは、家具という意味だそうです。現在もペターセンさん家族によって経営が受け継がれています。
PP Møblerウェブサイト>

(2021.6.5記。写真は上からPP68チェア(ペーパーコード)、PP58チェア(レザー)、工房の様子、アームの製作過程、PP68チェア)

住まいづくりの
セミナー・イベント
近日開催分

リビングデザインセンターOZONEで開催予定のすべてのイベント・セミナー情報

OZONEメールマガジンのご案内
これから家づくりを始める方、家づくりを進めている方に役立つメールマガジンを発行しています。この機会に、ぜひご購読ください。

購読お申込み 詳細・サンプルを見る