お問い合わせ 03-5322-6518
受付時間 10:30〜18:30 (水曜日休館)
家づくり相談[無料]

スタッフコラム

一覧へ戻る

家づくり
相談
[無料]

【インテリアポイント講座】ファブリックアート編2020

ファブリックをパネルに貼って壁に飾り、アートとして取り入れる方法を、インテリアデザイナーがお伝えします。

ファブリックは、インテリアのカラーや柄と合わせてコーディネート

生地選びは「お部屋のテーマカラー」や「カーテンやクッションの柄」にあわせると、コーディネートしやすくなります。 ただ、同じ生地を使いまわすと単調になるので、全体のバランスを見ることが大切です。

H300 ファブリック①IMG_1564.jpg

テーブルランナーやクッションを作った生地を使って
壁のファブリックアートを作りました。

オレンジだけでは重くなりがちですが、
反対色のブルーを取り入れメリハリのある印象にしています。

クッションなど詳細はこちら



H300ファブリック②9-2.jpg

こちらの壁のファブリックアートは
イギリスの輸入生地で作りました。

ファブリックに使われている
グリーンやグレーを活かして
ソファの張地や
クッションのカラーをコーディネートをしました。



H300 ファブリック③_D8E2592.jpg

タイルの壁にかかっているファブリックアートは、
同柄で色とサイズをかえたパターンです。

トーンを変えたカラーと
アシンメトリーなサイズの組み合わせは、
ダークな空間と
タイルのシャープな印象を
和らげる効果もあります。

お部屋全体はこちら

アートの大きさや位置は、壁と家具とのバランスで決める

H300 ファブリック④IMG_3221.jpgH300 ファブリック⑤IMG_3241.jpg

写真は水彩柄の輸入ファブリックで
80センチ角で作成。

壁のインターホン、
奥にある収納折り戸や
ソファやスタンドの高さも考慮して
大きさ・位置を決めています。


<まとめ>

比較的コストも抑えて取り入れられる「ファブリックアート」は、生地次第でお部屋の印象もガラリと変わります。とくに「輸入ファブリック」は、個性あふれる魅力的なデザインが豊富です。
お部屋のイメージUPに取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • アートや家具配置など、ピンポイントでお悩みの方は是非プロのアドバイスを活用ください。
    インテリアポイント相談>

  • 新築・リフォーム時の内装やインテリア、お部屋全体の模様替えをデザイナーがご提案します。
    インテリアコーディネート>
  • (2020.7.13記)

    住まいづくりの
    セミナー・イベント
    近日開催分

    リビングデザインセンターOZONEで開催予定のすべてのイベント・セミナー情報

    OZONEメールマガジンのご案内
    これから家づくりを始める方、家づくりを進めている方に役立つメールマガジンを発行しています。この機会に、ぜひご購読ください。

    購読お申込み 詳細・サンプルを見る