お問い合わせ 03-5322-6518
受付時間 10:30〜18:30 (水曜日休館)
家づくり相談[無料]

スタッフコラム

一覧へ戻る

家づくり
相談
[無料]

コンサルタントが語る建築家と工務店の底力 【建築家 桑田豪氏】

2020年3月12日から住宅事例を紹介するパネル展 「建築家と工務店の底力」展 -新築・建て替え編- がはじまりました。どれも素敵なお宅でぜひ多くの方に観に来ていただきたいと思っておりますが、昨今のコロナウイルス感染予防のため、外出を控えていらっしゃる方も多いと思います。また、3月20日には私コンサルタントがそれぞれの底力を語るセミナーを開催する予定でしたが、中止とさせていただいております。

そこで、各建築家へ私がインタビューした内容を、順次、こちらに掲載させていただきます。ぜひこちらのページから「底力」を感じていただき、開催中にお越しいただく機会ができましたら、実際のパネル展を観ていただきたいと思っております。

【建築家 桑田豪氏】

SQ230gokuwata.jpg

このお宅は、建て主の方が新しく土地を買われて、事務所スペースを併設したお住まいの計画です。条件の厳しい敷地だったようですので、気になることをうかがいました。

コンサルタント(以下CO): 建て主の方からは、事務所併設という以外にご要望はありましたか?

panelKuwata.jpg桑田:お客様のご要望はシンプルで、事務スペースを併設した住宅を作りたいというものでした。私としては、四方をビルにふさがれた閉鎖的な敷地でしたので、それゆえに開放感のある空間をデザインしなければならないという危機感を覚えました。   

CO: T字型の敷地という条件は本当に驚きです。開放的にする解決策はすぐにでてきたのでしょうか?

桑田:敷地の制約が強いためにそれほど多くのバリエーションが生まれるわけではありませんが、いつものように複数の案を考えて模型CGを使って比較検証した末にこのデザインに決めました。

CO:  私も完成間際に現場を拝見させていただきましたが、敷地の状況を忘れてしまうほど、内部は本当に開放的なお宅でした。一番苦労された点はなんでしょうか?

桑田:敷地の法的な条件からは、耐火建築物にする必要がありましたので、ディティールとあわせて苦労がありました。逆に、法的条件から高さの制限が緩かったので、天井高が高くとれました。しかしそうした工夫は、コストアアップにつながるので、コストを抑えるために更に、いろいろな工夫が必要で、そこは少し苦労しました。

CO:最後に建築家の底力とは?

桑田:これだけ条件の厳しい土地であっても、工夫次第で気持ちのいい空間を実現することは可能だと考えています。それは私たちの力だと思います。今回も厳しい条件を克服する大小さまざまなアイディアデザインをご提案できたことで、お客様のお役に立てたのではないかと考えています。

CO:ありがとうございました。

(【建築家 桑田豪氏】2020.3.22)

住まいづくりの
セミナー・イベント
近日開催分

リビングデザインセンターOZONEで開催予定のすべてのイベント・セミナー情報

関連記事

OZONEメールマガジンのご案内
これから家づくりを始める方、家づくりを進めている方に役立つメールマガジンを発行しています。この機会に、ぜひご購読ください。

購読お申込み 詳細・サンプルを見る