お問い合わせ 03-5322-6518
受付時間 10:30〜18:30 (水曜日休館)
家づくり相談[無料]

スタッフコラム

一覧へ戻る

家づくり
相談
[無料]

コンサルタントが語る建築家と工務店の底力 【建築家 遠藤誠氏】

2020年3月12日から「建築家と工務店の住宅事例」を紹介するパネル展 「建築家と工務店の底力」展 -新築・建て替え編- がはじまりました。どれも素敵なお宅でぜひ多くの方に観に来ていただきたいと思っておりますが、昨今のコロナウイルス感染予防のため、外出を控えていらっしゃる方も多いと思います。また、3月20日には私コンサルタントがそれぞれの底力を語るセミナーを開催する予定でしたが、中止とさせていただいております。

そこで、各建築家へ私がインタビューした内容を、順次、こちらに掲載させていただきます。ぜひこちらのページから「底力」を感じていただき、開催中にお越しいただく機会ができましたら、実際のパネル展を観ていただきたいと思っております。(→追記:2020.6.30展示は終了しました)

【建築家 遠藤誠氏】

SQ240endou.pngこのお宅は、OZONE家designフルコースでお手伝いしたお宅です。あらためて遠藤氏にお話しをうかがいました。

endouPanel.pngコンサルタント(以下 CO): OZONEのコンペに参加いただくにあたり、建て主からの要望書をみてどう思われましたか?

遠藤:「来客を招きやすい、見渡しの良いリビング」というテーマをいただきました。私としては、限られた敷地面積と比較的高密度な住環境の中で、プライバシーを確保しつつ、如何にして開放性な住まいとすることができるのかが、この設計のカギになると思いました。

CO: 最初の提案から、スキップフロアがありましたが、そのアイデアはすぐにでてきたものですか?

遠藤:テーマに答える有効な手段として、スキップフロアのアイデアはすぐに思い浮かびました。ただし傾斜地や天井高を低くできるガレージがある計画であればスキップし易いのですが、本計画には該当しない...。そこで平面よりも先に断面計画を検討しました。アウトドア好きのご家族でサーフボードなど大きな収納が必要ということから、半地下に土足で入れる倉庫を設け、そこをきっかけにして家全体をスキップさせる構成に行き着きました。

CO: 断面から考えることもあるのですね。その中で苦労した点はありますか?

遠藤:半地下を設けるということで、ハザードマップ等の確認はもちろんのこと、法規や構造的な難易度もが上がります。更に、工法や施工方法などについても施工会社にアドバイスを求めるなど、万全の提案ができるように努力しました。

CO:私も計画のスタートから建て主の方にお会いしており、完成したお宅はご家族の雰囲気にとてもあっている家だと感じますが、そういったことも設計の中で意識されますか?

遠藤: 社交的でアウトドア好きなご家族の雰囲気に合わせるため、内外とも白を基調とした仕上げの中に、無垢の木など自然素材を多く取り入れました。ご家族同様、明るく開放的な"しつらえ"とすることを目指しました。

CO:最後に建築家の底力とは?

遠藤:このお宅は、家の中央は吹抜けになっており、上部の高窓から降り注ぐ光が壁に反射して家全体を明るく包み込みます。比較的窓が少ない外観からは想像できないほど、内部は明るく開放的な住まいにすることができました。どのような環境でも家族の要望と暮らしにあわせて、最良の空間をつくることが、建築家の力だと思います。

CO:ありがとうございました。

(【建築家 遠藤誠氏】2020/3/23記)

住まいづくりの
セミナー・イベント
近日開催分

リビングデザインセンターOZONEで開催予定のすべてのイベント・セミナー情報

関連記事

OZONEメールマガジンのご案内
これから家づくりを始める方、家づくりを進めている方に役立つメールマガジンを発行しています。この機会に、ぜひご購読ください。

購読お申込み 詳細・サンプルを見る