お問い合わせ 03-5322-6518
受付時間 10:30〜18:30 (水曜日休館)
家づくり相談[無料]

スタッフコラム

一覧へ戻る

家づくり
相談
[無料]

コンサルタントが語る建築家と工務店の底力 【建築家 小野喜規・齋藤真紀氏】

2020年3月12日から住宅事例を紹介するパネル展 「建築家と工務店の底力」展 -新築・建て替え編- がはじまりました。どれも素敵なお宅でぜひ多くの方に観に来ていただきたいと思っておりますが、昨今のコロナウイルス感染予防のため、外出を控えていらっしゃる方も多いと思います。また、4月11日には私コンサルタントがそれぞれの底力を語るセミナーを開催する予定でしたが、中止とさせていただいております。

そこで、各建築家へ私がインタビューした内容を、順次、こちらに掲載させていただきます。ぜひこちらのページから「底力」を感じていただき、開催中にお越しいただく機会ができましたら、実際のパネル展を観ていただきたいと思っております。(→追記:2020.6.30展示は終了しました)

【建築家 小野喜規氏・齋藤真紀氏】

SQ240ono portrait.jpgこちらは、公園に面した2世帯住宅のお宅です。環境を生かした設計について、お話しをうかがいました。

コンサルタント(以下CO): 土地探しからされたそうですが、建て主の方のご要望はどのようなものでしたか?ono Panel.jpg

小野: 購入された土地は、公園の緑が目の前にパノラマで広がるロケーションで、まさに一目惚れだったそうです。その緑の眺めを十分に採り込んだ家にすることが一番のご要望でした。都心とは思えない絶好のロケーションを前にして、建築家としてもテンションが上がります。この眺めをいかに「居心地の良さ」につなげていくかを大事にしたいと思いました。

CO: 建築家の方もテンションが上がるのですね。緑を採り入れる工夫として特に心掛けたことはありますか?

小野:2世帯の全員がこの緑の環境を楽しめることが大切ですから、2軒の家が横並びになった間取りを提案しました。眼前に緑が広がる2階にLDKのスペースを両世帯ともに設けています。なるべく緑に寄り添うような暮らし・・・そんなことを思い描きました。窓辺には高さの低い本棚カウンターを造り付け、落ち着いたコーナーの雰囲気になることを心掛けました。安心感もありながら、同時に緑との一体感もある、そんなスペースになりました。

CO:  2世帯住宅への配慮は特にありましたか?

小野: 2世帯住宅の計画でしたから、世帯間の「ほどよい距離感」はとても大切だと考えています。両世帯共有のスペースでありながら、2世帯の距離感をほどよく保つ存在として、ロッジアというスペースを提案しました。

このロッジアは、屋根のかかったオープンエアのスペースで、家の中心となっています。LDKとロッジア、それぞれのスペースで緑とのかかわり方と気分が変わり、暮らしのなかにリズムと変化ができることを大切にしました。

CO: 苦労された点と、建築家の力についてお聞かせください。

小野:親世帯、子世帯それぞれからでる、たくさんの異なるご要望を包含しながらも、公園の緑を採り入れる工夫を徹底するところに、設計の難しさがありました。

ご要望の内容を単純にすべて足し算すると、実現するのが予算的にとても難しいことは多々あります。今回も、予算に合わせてコストコントロールを工夫しました。緑を楽しむ場所には予算をしっかりかけ、一方で実用的スペースは予算を抑えるなどメリハリをきかせました。

建築家が関わる家づくりは、予算に対していかにベストな提案を出せるかが大事です。シンプルな構造・形状にしたり、無駄なスペースを省くこと、そうしてベストな提案を出せること、それが建築家の力だと思います。

CO:ありがとうございました。

[建築家 小野喜規氏・齋藤真紀氏 2020.4.6]

住まいづくりの
セミナー・イベント
近日開催分

リビングデザインセンターOZONEで開催予定のすべてのイベント・セミナー情報

関連記事

OZONEメールマガジンのご案内
これから家づくりを始める方、家づくりを進めている方に役立つメールマガジンを発行しています。この機会に、ぜひご購読ください。

購読お申込み 詳細・サンプルを見る