お問い合わせ 03-5322-6518
受付時間 10:30〜18:30 (水曜日休館)
家づくり相談[無料]

スタッフコラム

一覧へ戻る

家づくり
相談
[無料]

コンサルタントが語る建築家と工務店の底力 【建築家 白崎泰弘氏・白崎治代氏】

2020年3月12日から住宅事例を紹介するパネル展 「建築家と工務店の底力」展 -新築・建て替え編- がはじまりました。どれも素敵なお宅でぜひ多くの方に観に来ていただきたいと思っておりますが、昨今のコロナウイルス感染予防のため、外出を控えていらっしゃる方も多いと思います。また、4月11日には私コンサルタントがそれぞれの底力を語るセミナーを開催する予定でしたが、中止とさせていただいております。

そこで、各建築家へ私がインタビューした内容を、順次、こちらに掲載させていただきます。ぜひこちらのページから「底力」を感じていただき、開催中にお越しいただく機会ができましたら、実際のパネル展を観ていただきたいと思っております。

【建築家 白崎泰弘氏・白崎知代氏】

SQ240shirosaki portrait.jpg

こちらは、光のとりいれ方が印象的なお宅です。設計の経緯など、お話しをうかがいました。

コンサルタント(以下CO): 建て主の方のご要望はどのようなものでしたか?

shirosaki panel.jpg

白崎: 建て主さんは大手ゼネコンの設計部にいます。大学院時代の研究室仲間で、同じ先生の影響を受けた者同士、住宅作家としての経験を積んでいる私に依頼をしてくれました。彼が持ってきた最初のスケッチ、といっても綿密に練り上げたものは、先生の影響をうけた、壁の強調と光の取り入れ方をしたもので、私の方も何ら異存ありませんでした。

CO: 建て主の方もいわば設計のプロだったのですね。光のとりいれ方が印象的ですが、白崎さんのほうで、心掛けたことはありますか?

白崎:ルーバーにプリズムを組み込むことは、彼のアイデアです。私は、南向きのトップライトが室内に温熱負荷を与えないよう提案しました。木製ルーバーを入れて、夏至には日射しを遮り、冬至には最も日射しが入る角度を工夫しました。彼は私の提案した角度付きのルーバーを前提に、内緒で実験用のプリズムを手配し、虹の出方を試行錯誤していました。実施設計の終盤で家の中に虹を落とす提案があり驚きました。

CO:  お二人の合作となったのですね。完成して建て主の方の反応はいかがでしたか?

白崎: 建主が自分で考えた仕掛けですから、それはもう、してやったりの顔でした。刻一刻と表情が変わるリビングは、ご夫婦のみならず、お茶の先生であるお母様が、借りてお茶会を開くなどして愉しんでいらっしゃいます。 

CO: 苦労された点は何かありますか?

白崎:彼のアイデアを高いレベルで実現しなければ、というプレッシャーがありました。今回はビル建築の経験が豊かな建て主さんのために、彼が不慣れである住宅を、ご夫婦の好みにあった木の空間にするのが私の役目でした。細部の納まりを多少変更して大工さん、左官屋さんの腕の見せ所をつくり、彼のスケッチを実現するための、ディテールに腐心しました。 

CO:最後に建築家の底力とは?

白崎:どのような建て主さんでも、ご自宅への強い思いがあります。その思いを受け止めて、機能的、デザイン的に高いレベルで実現していくことではないでしょうか。

CO:ありがとうございました。

[建築家 白崎泰弘氏・白崎知代氏 2020.4.7記]

住まいづくりの
セミナー・イベント
近日開催分

リビングデザインセンターOZONEで開催予定のすべてのイベント・セミナー情報

関連記事

OZONEメールマガジンのご案内
これから家づくりを始める方、家づくりを進めている方に役立つメールマガジンを発行しています。この機会に、ぜひご購読ください。

購読お申込み 詳細・サンプルを見る