お問い合わせ 03-5322-6518
受付時間 10:30〜18:30 (水曜日休館)
家づくり相談[無料]

スタッフコラム

一覧へ戻る

家づくり
相談
[無料]

コンサルタントが語る建築家と工務店の底力 【建築家 松原正明氏】

2020年3月12日から住宅事例を紹介するパネル展 「建築家と工務店の底力」展 -新築・建て替え編- がはじまりました。どれも素敵なお宅でぜひ多くの方に観に来ていただきたいと思っておりますが、昨今のコロナウイルス感染予防のため、外出を控えていらっしゃる方も多いと思います。また、3月20日には私コンサルタントがそれぞれの底力を語るセミナーを開催する予定でしたが、中止とさせていただいております。

そこで、各建築家へ私がインタビューした内容を、順次、こちらに掲載させていただきます。ぜひこちらのページから「底力」を感じていただき、開催中にお越しいただく機会ができましたら、実際のパネル展を観ていただきたいと思っております。(→追記:2020.6.30展示は終了しました)

【建築家 松原正明氏】

このお宅は、建て主の方が新しくお土地を買われて、松原さんへ設計を依頼されたということです。傾斜地で平屋という難題もあったようなので、気になることをうかがいました。

コンサルタント(以下CO): 緑の多い敷地ですが、建て主の方から、はじめの要望はどのようなものでしたか?

松原:平屋を希望されました。しかし、傾斜があり平らなところが少ない土地だったので平屋は難しく、予算的にも厳しいと思いました。

最初の提案で、平屋案と2階建案をお見せした上で、平屋にするのは厳しいとお話ししましたが、建て主さんからは自分たちでできることはなんでもやるので平屋で進めたいとのことでした。

CO: 強いご希望だったのですね。どのように対応しましたか?

松原:お話しをきき、この方達ならできるのではと思いました。土地の測量をした上で改めて法的規制のチェックをすると、小さめの平屋であれば、傾斜のあるこの土地でもなんとか実現可能であることが確認できました。予算の厳しさは、外壁や内部塗装、外デッキなど、ご自身たちでできることは全て行うことで、補っていただきました。

matsubarasanPanel.jpgCO:  建築家の力と建て主の力が一体となって実現したのですね。

土足でも使える板土間のリビングは憧れもありますが、実際の暮らしで取り入れるには勇気がいる気もいたします。松原さんからのご提案ですか?

松原:板土間リビングはこれ以前にも設計したことがあり、使い勝手などを把握していました。建て主の方の、普段から居間と庭を気軽に行き来する生活ぶりを見て、お勧めしたところ、すんなりと受け入れていただけました。施工的な工夫は必要ですが、湿気も含め問題はありません。

CO:  暮らしてみての建て主の方の反応はいかがですか?

松原:庭後とのつながりが濃くなり、バーベキューや外での作業が好きな建て主の、暮らしにぴったりの家になったご様子です。

CO:最後に建築家の底力とは?

松原:今回は、傾斜のある土地に平屋をたてるという厳しいご要望でしたが、経験と知恵をフル活用して実現してさしあげることができました。もちろん建て主の情熱も必要でしたが、そうした情熱に答えることができるのは、建築家の力であると思います。

CO:ありがとうございました。

(【建築家 松原正明氏】2020.3.20)

住まいづくりの
セミナー・イベント
近日開催分

リビングデザインセンターOZONEで開催予定のすべてのイベント・セミナー情報

関連記事

OZONEメールマガジンのご案内
これから家づくりを始める方、家づくりを進めている方に役立つメールマガジンを発行しています。この機会に、ぜひご購読ください。

購読お申込み 詳細・サンプルを見る